ワイン用語 : オリ(澱)

渋みの成分であるタンニンやポリフェノール類、色素成分であるアントシアニンなどが混ざり、時間が経つにつれて結晶化したもので、オリ(澱)自体を口に含んでも健康上の問題を及ぼすことはありませんが、舌でざらつきや酸味、苦みを感じることで、ワインの風味やのど越しが損なわれるとされています。

ワインボトルの底が盛り上がった形をしているのは、このくぼみを囲む周りの部分にオリ(澱)沈殿させ、ボトル内にオリ(澱)が舞うのを防ぐための対策です。

白ワインにオリ(澱)ができる場合、赤ワインのような色素成分ではなく、主に酒石酸とミネラル成分が結晶化したものを指します。