ワイン用語 : ブショネ (Bouchonne)

ブショネ(Bouchonne)とは、コルクが原因で何かしらの影響がワインに出た状態を指します。
「コルクが原因でバクテリアに汚染された状態のワイン」という意味があり、酸化したワインの状態とは分けられています。(ワインの熟成段階で使用する木樽が原因となる場合もあるようです)
コルクというのは自然の植物ですので、そこには目に見えない菌が存在しており、その中に悪性の菌が存在していた場合、ボトル内である種の化学変化が起こりワインの質を変えてしいます。

ブショネによるワイン汚染の度合いには大きく差があり、著しくブショネが判断できる状態から、コルク臭がほんの少しだけ分かる状態まで、さまざまで、ワインを飲み馴れていない人の場合、ブショネに気付かないことも多いと言われています。

コルクを必要とした高品質ワインの需要が増加したことにより、コルクとして使用される樫の樹皮の採取期間が短くなり、品質的に未熟なコルクが製品に使用されていることがブショネの原因と考えられております。
ちなみに、ブショネワインを飲んでしまったとしても、人体に影響はないとは言われています。