ワイン用語 : テロワール (terroir)

テロワール(terroir)とは、「場所」や「気候」、「土壌」など、ぶどう育成に関わる自然環境の特徴のこと。
テロワールは、「土地」という意味のフランス語terreから派生した言葉。
土壌の性質や構造、日照、畑の向きや地形、気象などを示しておりいて、ぶどう畑を特徴づける自然の要因と考えられているされています。

ぶどうは、自然環境の影響を受けやすく、ワインにもそれぞれの地方や畑の類似性や個性が出るので、「特定の地方や畑からつくられたワインは特性をもっている」という考えは、フランスの原産地統制呼称法(AOC法)の基礎になっています。

一般的に暖かい気候で育てられたぶどうは、糖度が高く、アルコール度数の高いワインになり、また、ワイン用のぶどうを栽培するには水はけが良く、痩せた土地が適しているとされています。