ワインの温度

みなさんはワインを美味しく飲まれていますか?
ワインには、それぞれ適温というものが存在します。
暑い夏には、キンキンに冷やして!という飲み方をしている人もいるのではないでしょうか?
そんなワインの温度について解説をしたいと思います。

赤ワインの温度

ヨーロッパの常温というのはやや低く18℃くらいを言いい、
赤ワインの場合、温度が低すぎるとタンニンの渋みを強く感じてしまいますし、
その反対に温度が高すぎるとフルーティさがなくなってアルコールも蒸発してしまいます。

ですので、日本における「常温」とは温度が異なるということを覚えておいたほうがいいでしょう。
そのため、赤ワインは、
  • ライトボディ:10℃から12℃
  • ミディアムボディ:13℃から16℃
  • フルボディ:16℃から18℃
とされています。

フルボディは、冷やしすぎるとタンニンから来る渋味が強調され、ワインの持つ本来の味わいを感じにくくなり
温度が高いほど渋味がまろやかに感じられるため、常温に近い方が良いとされています。

白ワインの温度

赤ワインに見られる渋みは、主に皮と種に多く含まれるタンニンです。
皮と種を一緒に搾らない白ワインはタンニンが少ないので、渋みも少なくなります。
渋みが少ないので、温度は低めで飲むというのが基本になります。
あまりにもキンキンに冷やしすぎると、白ワイン独特の風味や香りが損なわれてしまうので注意が必要です。
温度が高いほど香りが豊かになり、甘口に関しては、温度が低いほど甘味がサッパリと感じられます。
そのため、白ワインは、
  • 甘口:5℃から8℃
  • 辛口:7℃から14℃
とされています。

スパークリング・ワインの温度

スパークリング・ワインに関しては、しっかり冷やして飲むのが美味しいとされています。
温度が高くなるとボトルの中の炭酸ガスが膨張し、コルクを抜栓したときに、勢いよく中身が噴き出してしまったり、
炭酸ガスが抜けやすくなるために風味や香りが損なわれると言われております。

スパークリング・ワインの適温は、5℃から12℃とされています。
もう少し細かくいいますと、
  • 甘口:5℃から7℃
  • 辛口:7℃から12℃
が美味しく楽しめる温度になります。

ロゼワインの温度

辛口のロゼワインは冷やすとスッキリと楽しめ、甘口のロゼワインはさらに冷やした方が、甘みが残り過ぎず美味しく感じられます。

ロゼワインの適温は、5℃から14℃とされています。
  • 甘口:5℃から8℃
  • 辛口:8℃から14℃

ワインを冷やすなら

説明したように、日本での常温と、ワインの常温は異なります。
そのため、「日本の常温」に合わるために、ワインを少し冷やして飲んだほうが、より楽しめます。
あくまでも日本の常温(25℃とした場合)でのワインを冷やす目安としての時間も説明します。
赤ワイン 白ワイン スパークリング ロゼ
冷蔵庫 約1時間 約4,5時間 約10~12時間 約4,5時間
氷水 約5分 約20分 約20~30分 約20分

もっとカジュアルに楽しむ

温度に関して解説を行いましたが、もっとカジュアルに楽しみたいという傾向が近年広がっています。
氷を入れたグラスにワインを注ぐ「ロックワイン
温めたワインに好みでハチミツや砂糖を加える「ホットワイン」といった飲み方も広がっています。

番外編 手軽に冷やす

キリっと冷やしたスパークリングワインや白ワインをすっきりと飲みたいシーンが多いときに便利
簡単にワインを適度な温度まで冷やすことができる方法を紹介します。
基本的には用意するのはボールと氷と水の氷水で冷やすというが一般的です。
ここで、簡単にもうひと手間加えます。それは、お塩です。
食塩水にするとその氷点が0度よりも低くなり、ワインボトルが半分ほど入る大きめの入れ物を用意して、
そこに氷と水と塩を入れてワインを浸し低温で急激に冷やすことにより、ワインを適切な温度まで下げることが出来ます。
お塩を入れる目安としては、大匙1から2ぐらいです。
急な来客や、買ってきたワインをすぐに飲みたい!ってときに試してみてください。