日本

日本ワイン

近年、日本でもワイン作りが活発になり、世界の和食ブームの後押しとして日本ワインが注目をされる時代になりました。
日本を代表する白ワイン用品種の「甲州」や、赤ワイン用品種の「マスカット・ベーリーA」などの日本固有の品種に加え、 ラブラスカ種との交配種、さらにはシャルドネ、メルローといったワイン専用種も入り、 幅広い品種から多様な味わいのワインが造られるようになりました。
日本のワインは、日本人向けに作られているためワインの渋みや酸味を抑えたものが多いのが特徴的で 、クセもほとんどなく飲みやすいものが多いです。

日本ワインと国産ワイン

一見してあまり違いがないように思いますが、この2つのワインには違いがあります。
その差というのは、国産ブドウ100%を使用して国内製造されたワインを「日本ワイン」と呼び、 海外から輸入したブドウや濃縮果汁を使用して国内で製造されたワインを「国産ワイン」と呼んでいるんです。
「両方のワインともに、国産ブドウを使用して作られている」と、勘違いしていた人もいたのではないでしょうか?
しかし、この二つのワインの明確な区別ができたのは最近のことなんです。
世界には、「ワイン法」という、ワインを明確に区別するルールがありますが、しかし日本にはそれが無いのです。
そこで、国税庁がこの二つのワインに対して、表示ルールを策定したのが、2015年10月で、
この法律が完全に施行されるのは、そこから3年後の2018年10月からになりました。
これから、日本のワインが成長していく一方で、消費者としても、日本のワインについて、もっと理解をして行きたいですね。

主な産地と品種

日本の有名産地としては、

  • 北海道
  • 山形
  • 長野
  • 山梨
として、あげられます。
そして、主な品種としては、甲州マスカット・ベーリーAが 上げられます。
そのほかにも、ナイアガラ,コンコード,キャンベルアーリー, 食用のイメージが強いデラウェアなどがあります。