ワインの種類


ワインの種類と聞いて思い浮かぶのは、赤、白、ロゼという分け方が一般的に思い浮かばれるかと思います。
あまり一般的ではありませんが、実はワインには、製造法や原材料によって大きく4種類に分けられています。
ここでは、ワインの種類について、簡単に説明をしたいと思います。

スティルワイン(非発泡性ワイン)

一般的にワインと言ったらこのワインを指し、みなさんご存じの赤ワイン、白ワイン、ロゼワインがこれに分類されます。
スティルワインはブドウ果汁を発酵される時に発生する二酸化炭素(炭酸ガス)を取り除いた、非発泡性のワインのことを言います。
欧州では1.0気圧未満のワインがこのスティルワインに分類されます。

スパークリング・ワイン(発泡性ワイン)

スティルワインは発酵の時点で炭酸ガスを放出しますが、ワインに含まれる炭酸ガスは非常に少なくなるため、開封しても発泡しません。
これを発酵しきらないうちに瓶詰めする、もしくは人工的に二酸化炭素を加えてつくるワインをスパークリングワインと言います。
フランスのシャンパーニュ地方で造られたシャンパンが、その代表的なものとして知られています。 勘違いされやすいのが、シャンパンはスパークリング・ワインの一種だということです。

フォーティファイド・ワイン(酒精強化ワイン)

スティルワインの発酵中または発酵終了後に、ブランデーなどの強い酒を後から加えアルコール度数を高めて、コクや保存性を高めたワインです。
世界では4大酒精強化ワインとして有名なものがあり、

  • スペインのシェリー
  • ポルトガルのポートワイン
  • ポルトガル(マデイラ島)のマデイラワイン
  • イタリアのマルサラワイン
があり、日本においては酒精強化ワインと呼ばれています。

フレーバード・ワイン
(アロマタイズドワイン/香味付けワイン)

スティルワインをベースに薬草や香辛料、果汁、甘味料などを加え、独特な風味をつけられたワインです。
食前酒や食後酒、カクテルの原料などに用いられます。 イタリアのベルモットスペインのサングリアが、よく知られています。