ぶどうの品種 ~ 白 ~


ここでは代表的な6種類の他に、白ワインを作るうえで使われるメジャーなぶどう品種をご紹介したいと思います。




シュナン・ブラン

シュナン・ブラン 主にフランスロワール地方などで栽培される白ぶどう品種のシュナン・ブラン
甘口と辛口両方つくることができ、フランスではスパークリングワインの使用品種にもなります。
貴腐菌が付くこともあり、貴腐ワイン用のぶどうとしても使われることもあります。
一般的には、特徴に欠ける品種として扱われますが、ハチミツや花の香りがよい品種です。

セミヨン

セミヨン セミヨンは、フランスのボルドー地方で栽培される品種で、最近ではオーストラリアなどでも栽培がされています。
酸味や果実味は少ないですが、甘くまろやかで優しい口当たりのワインになります。
セミヨンには、貴腐菌が付きやすく、優美な極甘口な貴腐ワインを生みます。
甘口のワインで、そのポテンシャルを発揮するされ、単一種で醸造されることはあまりません。
香りにクセがないので、白身魚、豚肉などと好相性です。
ソーヴィニヨン・ブランとブレンドしたボルドータイプは、魚料理全般に広い相性を感じさせてくれます。

ピノ・グリ

ピノ・グリ ピノ・グリはピノ・ノワールの変異種で、イタリアではピノグリージョとも呼ばれ、
フランスでは重厚でコクある仕上がりになり、イタリアではスッキリな感じに仕上げられます。
ハチミツのようなニュアンスが特徴的です。

ヴィオニエ

ヴィオニエ ヴィオニエは主にフランス・ローヌ地方で栽培され、収穫量が少ない稀に見る品種です。
アプリコットやパイナップルのようなフルーティな味わいで、白い花のような香りで引きつけ、
口当たりは酸味が立たず、まろやか。
シラーにブレンドすると、シラーのスパイシーさえも、比較的まろやかに変化します。
エキゾチックな香りもあるので、ピリ辛系の中華や、エスニック料理、ブルーチーズなどの少しクセのある食材に幅広く合わせる事が出来ると思います。

アリゴテ

アリゴテ 一般的に、アリゴテは「シャルドネより劣ったブドウ品種」と言う認識があるようです。
しかし、アリゴテはブルゴーニュの古い品種で、酸味のある軽いフレッシュなワインになります。
アリゴテはシャルドネよりも早熟で、日照に恵まれた年は良い出来の辛口ワインとなりますが、 日照が足りずに完熟しないと酸味が非常に強いワインになってしまうほど、デリケートな品種です。
カクテルのキール用としても好んで用いられます。

ミュスカ

ミュスカ マスカット系のブドウ品種として世界で広く栽培されています。 早熟で収穫時期が早いですが、病害に弱く栽培が難しい品種でもあります。 爽やかでフルーティーな味わいで甘口に適したブドウと言われ、 マスカットやメロンのような甘い香りで、弱めのスパークリングワインや甘口ワインなどに使われています。

甲州

甲州 日本の代表品種と言えば、やはり世界に誇る固有品種「甲州」です
国内における甲州ブドウ発見説には以下2説があります。
1.行基説
奈良時代の高僧行基が修業中、夢枕に立った右手にブドウを持つ薬師如来の姿を木彫りにして今日の柏尾山大善寺に安置したところ、ブドウの樹を発見。
これを薬草として育てたのち村人にも広まり、「甲州」となった説。
2.雨宮勘解由説
勝沼の雨宮勘解由説(かげゆ)が自生の山ブドウと異なる蔓植物を発見。自宅に持ち帰り植えたところ、5年後にやっと結実した種が「甲州」であったという説。
引用:Koshu from 山梨
果皮は赤皮を帯びているが、白ワイン用の品種として使われ、甲州ワインはワインの中で軽い繊細なワインで鉄分が少ないため、生魚との相性が良いというわかってきました。